引張試験の意味

作業員

引張試験は材料を開発する、もしくは製品開発を行う時に重要な試験であり、必ず行われます。この試験がなければ耐性を提示することもできなくなり、危険な状況になることも少なくありません。

詳細を確認する...

PCBの混入

作業員

電子機器を作成する時は様々な技術が必要になり、基盤なども用意する必要があります。基盤はプリント基板ということもあれば、ロジックボードということもあり、様々な電子部品が細かく配置されています。電子部品を用いることで様々な制御を可能にし、コンピューターなどの複雑な処理を可能にすることも出来ます。電子部品には数百という種類があり、一つの種類でも型番だけで数十個の種類があることも多いですが、代表的なものにコンデンサや抵抗やコイルがあります。試作回路図ではCやRやLと表記しますが、この3つの種類を用いるだけで様々な複雑な回路を構成することができ、基本はCとRとLを用いた回路が元になっています。この基本電子素子の内、コンデンサに関しては電解コンデンサという種類があり、電解液を染み込ませたシートが中に含まれています。そしてこのシートとサンドイッチ状に挟み込まれているものに絶縁シートがあります。絶縁シートは名前の通り絶縁体が用いられていて、電気を通さないようにしなければなりません。絶縁体には様々な種類がありますが、液状の絶縁体としてPCBが存在します。PCBはポリ塩化ビフェニルと言い、絶縁性に優れていたことから様々な電子素子に用いられてきました。しかし時代とともに人体に有害であることが判明し、現在では使用することも製造することも輸入することも禁止されているものでもあります。
PCB液が用いられた電解コンデンサは現在でも一般流通していて、このコンデンサを用いること自体は禁止されていませんが、新たに電解コンデンサを製造することは禁止されています。しかし稀に過去に使用していたPCB液槽に若干PCBが含まれているという場合があり、こういう場合はでは意図せずにPCBが用いられてしまうという事があります。こういう状況をなくすために、PCBを使用する可能性のある生産ラインなどでは定期的にPCB分析チェックということが必要になり、この分析を行う専門の業者も存在します。PCBがもし含まれているとなると重大なペナルティーが課せられることもあり、分析を行わない工場も有ります。しかし分析を行うということは環境をクリーンに保つ、また公害を発生させないようにする事に繋がり、分析を行うことは非常に重要とされています。

安全を維持する

作業員

安全を維持することは非常に重要で、様々な場面で様々な試験が行われています。例えば引張試験が存在し、引張試験では材料などを物理的に引っ張り引張荷重を検査していきます。この試験は必ず行われるものです。

詳細を確認する...

引張荷重の計算

作業員

引張荷重とは引っ張ったときにかかる荷重のことで、この荷重にどれだけ耐えられるか検査する方法として引張試験があります。引張試験には専用の引張試験機が用いられ、いくつか種類があります。

詳細を確認する...